風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壱章/人斬り/挿話弐拾弐/闇の中の男達

蟋蟀の鳴き声が闇に溶け込んでいく。
隠岐剣術道場の丁度真ん中辺りに、
一人の男が座していた。
隠岐虎太郎である。
明かりは一切点けていない。
闇の中で己の闇を見つめているかのようだ。
隠岐流剣術は元々暗殺剣である。
こうして外の闇と内の闇と闘うのも、
大切な鍛練の一つなのであった。
しかし、この鍛練は、
隠岐流直系の者だけが行っている。
外から隠岐流を学びに来る門下生が帰った後、
直系の者だけがやっているのである。
以前は虎太郎の後に虎次郎、
虎三郎も順にこの鍛練を行っていた。
しかし、今はもうその二人はいない。
虎太郎だけがこうして毎日、
闇の中に身を置いているのであった。
「何時からいた?」
突然、虎太郎が闇に問うた。
「さぁな、」
闇が答えた。
「こんな時間に何用だ?」
「虎三郎は惜しい事したな」
「ああ、」
表情一つ変えずに虎太郎が応えた。
「俺は虎次郎と虎三郎を斬った奴を知ってるぜ」
「ほほう、」
虎太郎はまだ表情にも姿勢にも変化はなかった。
「知りたいか?」
「教えてくれるのか?」
「俺に勝ったら教えてやるぜ」
「なるほど。お前らしいな、天竜」
そう言いながら虎太郎は立ち上がり、
背後の闇へと向き直った。
そして虎太郎が向き直った先の壁に、
天竜は背を預け虎太郎に向かって、
微笑んでいるようにも見て取れた。
「明かりを点けようか?」
虎太郎が天竜に問うた。
「いや、このままで構わねぇよ。
俺も闇には慣れてるぜ」
「ほほう」
「うちは元々忍者の家系だったんでね」
「なるほど。
私に気付かれずに道場に入って来れたのも、
忍術の為せる技って事かな」
「忍術って言う程のもんでもねぇけどな」
「しかし、忍者ってわりには、
目立ち過ぎるんじゃねぇのかい!?」
「うるせぇ!
でかくなっちまったもんは仕方がねぇだろ」
「よくもそんなにも育ったもんだよ」
「それよりもよぅ、」
「なんだ?」
「早く気付いてくれて助かったぜ。
お前が朝まで気付かなかったら、
どうしようかと思ったよ」
「そうすればよかったかな」
虎太郎がそう返した途端、
「はははははは、」
「ふふふふふふ、」
二人は合わせるように声を出して笑い出した。
数瞬の間笑い合った後、虎太郎が天竜を促す。
「さて、そろそろ始めようか」
「いいぜ」
天竜はそう応えながら、背を壁から剥がし、
数歩虎太郎の方へと近付いた。
剣の間合いにはまだ、
数歩程距離を詰めなければならない。
その距離で二人はどちらからともなく、
互いに剣を抜き構えた。
二人は闇に飲み込まれ、闇が静寂に包まれる。
  1. 2016/03/04(金) 05:26:03|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話弐拾壱/不安に駆られる男

闇が静寂に包まれる中、
虎士郎の剣が虎三郎の喉を貫いていた。
隠岐流剣術の必殺剣である月影により、
勝負がついたのである。
実は虎士郎よりも先に、
虎三郎が月影を繰り出したのだが、
虎士郎はなんと、その月影をかわしたのである。
そして、そのかわされるはずのない
月影をかわした時点で勝負は決まったのである。
元々、剣術そのものの腕では虎三郎の方が上であった。
だから先に月影を繰り出す機会を作ったのは、
虎三郎だったのだが虎士郎は神業とも思える体裁きで、
虎三郎の放った月影をかわし、
その隙をついて月影を繰り出したのである。
こうしてこの哀しむべき、
双子の勝負は幕を閉じたのであった。
虎士郎は表情一つ変える事なく、
虎三郎の喉から剣を抜き、
剣を空で振り剣に付いた血を振り払い、
剣を鞘にゆっくりと収めた。
虎三郎の体は倒れ込み、
地面に血溜まりを拡げていった。
虎士郎は何事もなかったかのように、
そのまま闇の中へと消えて行った。
そして、暫くの間をおいて、
その場に大きな男が現れた。
黒谷天竜である。
天竜は虎三郎と虎士郎の勝負を観察するべく、
虎三郎の後をつけていたのである。
そして、闇の中に身を潜め、
二人の勝負を観察していたのだ。
「やはり虎三郎には無理だったか。
いや、俺でも奴は斬れるのだろうか」
天竜は闇に向かって一人呟いた。
  1. 2016/03/04(金) 05:24:10|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話弐拾/決意する男と決意を必要としない男

昼間はまだ暑さも残っているが、
日が落ちるとだいぶ涼しくなってきた。
そして今日も虎三郎は、兄虎次郎の敵でもあり、
虎三郎が隊長を任された、
三番隊の前隊長であった斉藤一の敵でもある、
人斬りを探す為に夜回りをしていた。
これまでに何度かは不審な人物に
遭遇する事もあったのだが、
これまでは全て空振りであった。
そして今日もまたお目当てにはありつけそうもない、
そんな風に虎三郎は思い始めていた。
その矢先、虎三郎の目線の先に、
一人の人影が闇の中に薄っすら見えてきた。
虎三郎はその瞬間から、
好きな女子に会いに行くような、
胸の鼓動に襲われていた。
更に、一瞬体が金縛りのように、
動けなくなるような緊張に陥り、
その緊張を解すように何度か呼吸を整えた。
そして、その人影の方へゆっくりと歩を進めていった。
顔を確認出来るような距離に入り、
虎三郎の緊張が一気に緩んだ。
「なんだ、虎士郎じゃないか。
こんな時間に何してるんだ?」
しかし、虎士郎からの返事はない。
「どうしたんだ?」
虎三郎は声を掛けると同時に、
虎士郎のその異様な雰囲気に気付き、
背筋に虫が這い上がってくるような感覚に襲われた。
「ま、まさか、」
虎士郎は無言で虎三郎を見据えていた。
途端に再び虎三郎の中の緊張の糸が張り詰めた。
「お、お前が、
虎次郎兄さんや斉藤さんを斬ったのか!?」
虎士郎は何も言わずに、
まだ虎三郎を見据えている。
虎三郎は戸惑っていた。
まさか、兄と同志の敵が、
双子の弟の虎士郎だったなんて。
しかし、たとえ身内であったとしても、
見逃すわけにもいかないし、
自分も虎士郎を殺すつもりでかからなければ、
自分が斬られる事にもなるであろう。
虎士郎の沈黙が虎三郎にとっては、
殺気と感じられたのである。
「そうか、虎士郎よ」
虎三郎はそう言って、意を決したように、
ゆっくりと剣を抜き構えた。
虎士郎も虎三郎の動きに合わせ、
ゆっくりと剣を抜き構えた。
静寂が闇を包む。
虎三郎が虎士郎に目で問う。
〈お前が虎次郎兄さんを斬ったのか?〉
〈お前が斉藤さんを斬ったのか?〉
虎士郎が沈黙で応える。
〈お前は双子の兄をも斬ろうというのか?〉
〈お前に僕が斬れるのか?〉
再び虎士郎が沈黙で応える。
今度は虎三郎が自らに問う。
〔お前に双子の弟が斬れるのか〕
〔斬る!〕
〔斬らなければならない!〕
静寂を破り、虎三郎がゆっくりと間合いを詰める。
虎士郎は虎三郎を見据えたまま微動だにしない。
後一歩、いや後半歩で剣の間合いに入る。
そこで虎三郎は歩を止めた。
再び静寂が闇を包む。
しかし、今度の静寂は、
今にも破裂しそうなものである。
そんな闇の中で虎三郎と虎士郎という、
双子の兄弟が対峙していた。
  1. 2016/03/04(金) 05:22:22|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話拾玖/誉める女

残暑の残る日差しの中、
虎士郎はお園と二人で京都の町を歩いていた。
「虎三郎ちゃんが、
三番隊の隊長さんになったんだってねぇ」
お園が言った。
「隊長の斉藤さんが何者かに斬られちゃったから」
虎士郎は何とも言えない表情で応えた。
お園は言葉が見つからず何も言えない。
「それにしても虎三郎はすごいや。僕とは大違いだ」
寂しそうに虎士郎が言う。
「そんな事言わないで、」
今度は虎士郎が言葉に詰まる。
「虎士郎ちゃんの優しいところが、
虎士郎ちゃんのいいところじゃない」
「慰めはいらないよ。
優しくたって何も出来やしないんだ」
虎士郎は俯いて立ち止まってしまった。
「虎士郎ちゃんの馬鹿!
私は慰めてなんかいないわよ!」
お園は立ち止まった虎士郎に体を向け、
少し怒ったように言った。
虎士郎は何も言えず、俯いたまま微動だにしなかった。
「人を斬る事がそんなに偉い事なの?」
虎士郎はまだ何も言えないでいた。
「だったら虎次郎様を斬った人は、
斉藤さんを斬った人は、
そんなに偉い事をしたって言うの?」
「そういうわけじゃないけど、でも、」
虎士郎はそこで言葉に詰まった。
「でも、何!?、
人なんて斬れなくたっていいじゃない」
虎士郎はまた何も言えない。
「子供達と遊んでいる虎士郎ちゃんが、
私は素敵だと思うよ」
「ありがとう」
虎士郎は俯いたまま一言だけ応えた。
  1. 2016/03/04(金) 05:21:24|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話拾捌/相変わらずな男

「土産だぜ」
天竜は部屋に入ってくるなり、
近藤に向かって酒徳利を一つ放り投げた。
そして、続けざまに言う。
「そろそろ無くなる頃だろうと思ってよ」
天竜はまだ他にも酒徳利を三つ程持っていて、
その一つを徳利のまま口に運んだ。
「珍しく気が利くじゃねぇかよ」
近藤が天竜に嫌味っぽく言った。
「珍しいってのは余計なんじゃねぇのかい」
そう言いながら天竜は左前方に近藤を、
右前方に土方を向かえる形で胡座をかいて座った。
「いきなりなんだがよぅ。なんとかなんねぇか!?」
近藤が天竜に向かって言った。
「例の件か、」
「ああ、」
「その件は虎三郎に任せてあるぜ」
「虎三郎で大丈夫なのか!?」
土方が話に割って入ってくる。
「恐らくは、無理だろうな」
「なに!?じゃあ虎三郎を見殺しにする気なのか!?」
「そうなるかもしれねぇな」
近藤は二人のやり取りをじっと見ている。
土方は天竜の言葉を待った。
「いや、よぅ、奴を俺が斬るわけには
いかねぇんじゃないかと思ってんだけどよ」
「虎次郎の敵だからか!?」
「それもあるけどよぅ、
自分とこの隊長さんまでやられてんだろ」
「斉藤か、」
「さらには源太郎の奴も恐らく、」
「それは本当なのか!?」
「源太郎を斬れる奴なんか、
そうそういねぇだろうからな」
「それもそうだな、」
「可能性は高いと思うぜ」
「で、よう、さっき[恐らく]と言ったけどよぅ、
少しでも勝算があっての事なのか!?」
近藤が天竜に訊いた。
「勝算と言えるかどうかはわからねぇが、
隠岐流には必殺剣があると聞く」
「私も聞いた事があるな」
土方が同調する。
「だから、ひょっとしたら、とは思うんだけどな」
「なるほどな」
そう言いながら近藤が杯を口に運んだ。
「とにかくよぅ、先ず虎三郎にやらせねぇと、
俺が動くわけにはいかねぇと思ってよ」
天竜が言う。
「よし。わかった。
その件は取り敢えず虎三郎に任せるしかねぇな」
近藤が言う。
「そのようですね」
土方が言う。
「で、一の後釜は決まったのかい?」
天竜がどちらともなく訊いた。
「ああ、それも虎三郎でいいかと思っているんだが、
どうだ?」
近藤が天竜に訊き返した。
「いいんじゃねぇの、虎三郎で」
「しかし、」
土方が口を挟む。
「なんだ!?歳、」
近藤が土方に声をかける。
「いや、天竜の話を聞く限りじゃ、虎三郎もこれから、
どうなるかわからないじゃないですか」
「ああ、そりゃあ、そうなった時にまた考りゃいい」
近藤がきっぱりと言う。
「そうだぜ。
それにお前等もいずれは俺に斬られるんだからな」
不敵な笑みを浮かべながら天竜が言い放った。
  1. 2016/03/03(木) 06:47:31|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。