風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壱章/人斬り/挿話陸/黒谷天竜という男

黒谷天竜。
出身は備前(現在の岡山県)で元々は武士というよりも
忍者の家系であった黒谷家の五男(末っ子)として生まれ、
幼少の頃より忍術の修行に明け暮れる。
その修行の際、父親に顔を額から左頬にかけて斬られる。
そしてそのような厳しい修行の成果と天賦の才により、
五人いた兄弟の中でも一番の使い手となる。
さらに父親の衰えにより、父親以上に強くなると、
それでも厳しい修行を課す父親に憎しみを抱くようになる。
その上、兄弟達からは嫉妬による嫌がらせを受け続け、
兄弟達をも憎むようになってゆく。
天竜が十六歳になった時、
唯一の理解者であった母親が病気で他界する。
天竜はそれを機に家族全員を虐殺し、放浪の旅へと出る。
因みにこの時から殺した人数分の自傷をするようになる。
そして天竜が二十二歳の時、京都に辿り着き、
ちょうどその頃出来たばかりの浪士隊に参加。
後の新撰組である。
その浪士隊の屈強な者達の中でも
ずば抜けて強かった天竜は暗殺役を任されるようになる。
実は浪士隊、新撰組が関わった暗殺の殆どにおいて、
この黒谷天竜が大きな役割を果たしていたのである。
そして浪士隊が新撰組へと変わると同時に
暗殺役として新撰組零番隊隊長に任じられる。
隊士はいない。
その後も新撰組零番隊隊長として人を斬り続け、
今、天竜の体には約百五十箇所もの傷が刻まれる事となる。
因みに父親に斬られた顔の傷以外は全て
自傷によるものである。
天竜は決して表舞台には立たず、
ただただ人を斬る理由を求め、
新撰組に身を置いているのである。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/02(水) 13:09:05|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<壱章/人斬り/挿話漆/不用意な男 | ホーム | 壱章/人斬り/挿話伍/見込まれた男>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/8-1f3ed147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。