風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壱章/人斬り/挿話伍/見込まれた男

新撰組の屯所である前川邸の廊下で、
二人の男が話をしている。
一人は取立てて言う事もないのだが、
もう一人は一際大柄な男であった。
この大柄な男、名を黒谷天竜という。
「人斬り以蔵ですか」
相手は隠岐虎三郎という男である。
「ああ、奴は俺が斬るぜ。
だから俺もちょっと後悔してるのさ」
「後悔してるような顔には見えませんよ」
「うるせぇ!虎三郎、
お前もいずれ俺に斬られるんだからな。覚えて置けよ」
「僕なんか斬っても、なんの面白みもないですよ」
「そんな事はないぜ。隠岐流剣術の突きは十分に面白い」
「突き、ですか」
「ああ、でも突きも含めて、
まだまだだけどな、虎三郎はな」
「じゃあ、僕はもっともっと精進しなければなりませんね」
「是非そうしてくれよ。
源太郎の奴は何者かに斬られちまうしよ」
「父上ですか」
「虎次郎よりはお前の方が強いだろ。
虎太郎もいずれは斬るにしてもよ」
「虎士郎はからっきしですもんねぇ」
「隠岐家の恥晒し、か。
俺は虎士郎とは会った事ねぇけどよ、
しかし双子でこうも違っちまうんだな」
「虎士郎もその気になりさえすれば、
そんな事もないと思うんですけどね」
「そうなのか!?
じゃあ今度自分の目で確かめさせてもらうよ」
「いえ、その必要はないでしょう。
虎士郎は性格上その気にはなれないでしょうから」
「そうか、じゃ、そろそろ行くぜ」
「はい」
「手柄はまた今度の機会にくれてやるよ」
「いえ、手柄なんていりません。
また切腹させられそうになるのは勘弁です」
「ははは、それもそうだな。
虎三郎が切腹する事になったら、
後悔するのも俺の方だしな」
そう言いながら、天竜は闇の中へと消えて行った。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/02(水) 13:07:44|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<壱章/人斬り/挿話陸/黒谷天竜という男 | ホーム | 壱章/人斬り/挿話肆/とばっちりな男>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/7-b9312bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。