風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話参拾参/万事休す

露衣土の部屋の前で燿炎は露衣土と対峙していた。
珍しく風もまったく吹いていない。
風も二人の対決を固唾を呑んで、静かに見守っている。
正に、そんな感じであった。
そんな中で先に動いたのは燿炎だった。
燿炎は自らの頭上に、とてつもなく大きな火球を作り、
その火球を露衣土へ向けて放つ。
これだけの火球を作り出せるのは、
この星でも燿炎にしか出来ない事だろう。
それでも露衣土は微動だにせず、そのまま火球に包まれた。
普通ならこれで露衣土の体は跡形も無く燃え尽くされ、
勝負は決するはずであった。
しかし、信じられない事に、
その火球の中から、笑い声が響いてくる。
そして、露衣土が言う。
「これくらいの炎で私を倒せるものか」
途端に露衣土を包んでいた火球が一気に消し飛んだ。
露衣土は先程と同じ状態で微動だにせず立っていた。
「くっ、」
燿炎は小さく呻いた。
燿炎にはもう、先程より強力な炎は作り出せない。
燿炎が作り出す事が出来る最大の炎が通用しなかったのだ。
万事休すである。
「どうやら、覚悟が必要なのはお前の方だったようだな」
露衣土が勝ち誇ったように言った。
燿炎は何も言い返せずに、ただ露衣土を睨みつける。
そして、露衣土は畳み掛けるように言う。
「炮炎があの世で寂しがっているぞ。
これから炮炎と再会させてやろう」
露衣土のその言葉と共に、
燿炎は一瞬にして凍らされてしまった。
露衣土からすれば、後は大地の魔法で、
燿炎を粉々にするだけである。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/08(火) 05:56:59|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話参拾肆/起死回生 | ホーム | 弐章/英雄/挿話参拾弐/理解を超えた対立>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/63-d8e49a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。