風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾捌/急がば回れ

少数精鋭の別働隊で露衣土城を急襲する事にした討伐軍。
その別働隊にはリーダーである燿炎を含め、
凍浬、麗羅、崩墟らの四天王が揃って組み込まれていた。
本隊の方は露衣土軍と睨み合いをするだけだからだ。
戦況から考えて、露衣土軍の方から攻めて来る事は、
先ず、ないと言っていいであろう。
万が一、露衣土軍の方から攻めて来られたとしても、
数の力で負ける事は考え難い。
今や、形勢は圧倒的に討伐軍の方に傾いているのである。
だから、別働隊を組まずに本隊のまま、進軍して行き、
露衣土城を攻め落とす事も可能であった。
むしろ、露衣土城を攻め落とすには、
そちらの方が確実ではあった。
しかし、それでは、露衣土帝国がやってきた事と
なんら変わりがなくなってしまう。
そして、双方の軍、更に民間人も含め、
悪戯に犠牲者を増やすだけなのだ。
それを避ける為に、少数精鋭の別働隊を組んで、
露衣土城のみを攻め落とそうとしているのである。
そして、燿炎達、別働隊の一行は、
この澪の谷を露衣土城へと向かって進んでいた。
澪の谷の底には氷河が流れていた。
討伐軍はその氷河の上を進んでいる。
両脇は切り立った崖である。
このような所で軍隊を展開する事は出来ない。
別働隊も縦長になって、進軍するだけだった。
もし、此処で露衣土軍が仕掛けて来るのであれば、
崖の上からの攻撃しか考えられないのだ。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 09:25:13|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾玖/愚者の末路 | ホーム | 弐章/英雄/挿話弐拾漆/定まった標的>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/58-d4a280b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。