風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾漆/定まった標的

燿炎達、討伐軍は本隊を洲の国で展開し、
それとは別に少数精鋭の別働隊を組んで、
こちらの澪の谷を進み、露衣土城へと向かっていた。
澪の谷で大部隊を展開する事は出来ない。
露衣土軍の本隊も洲の国との国境を挟んで、湘の国で
部隊を展開し、討伐軍本隊と睨み合いを続けていた。
三日前の作戦会議で燿炎が本隊を洲の国で展開したまま、
少数の別働隊で露衣土城を攻め落とす作戦を提案した。
幹部達の多くは、そのような燿炎の提案に対し、
戸惑いを隠せなかった。
「少数部隊で露衣土城を攻め落とせるのだろうか」
「いや、その前に露衣土城に辿り着く事さえ難しいだろう」
このような否定的な意見が会議場を飛び交っていた。
そんな中で、凍浬が燿炎に声を掛ける。
「やっと本気になったんだな」
そして、燿炎は皆に語り掛ける。
「澪の谷を通って行けば、露衣土城に辿り着く事は、
そう難しい事ではない。が、少数部隊で
露衣土城を攻め落とす事は、そう容易くもない。
しかし、我々はそれをやり遂げねばならない」
そして、戸惑う幹部達に、これまで見せた事のない程の
強い決意を込めた表情を見せる。
それを見て、それまで戸惑っていた幹部達も、
氷の大陸出身で地理を熟知している燿炎の提案に納得し、
また、燿炎の強い決意の込められた表情に、
それまで抱いていた不安も払拭され、全会一致で
燿炎の提案した作戦を決行する事になったのである。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 09:24:07|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾捌/急がば回れ | ホーム | 弐章/英雄/挿話弐拾陸/功を焦る司令官>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/57-b7336b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。