風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾伍/再び動きだそうとする世界

ひょんな事から、燿炎の迷いは晴れていた。
露衣土を倒したところで平和になるとは限らない。
しかし、露衣土を倒さない限り、
平和への希望が絶たれてしまうのだ。
だから、平和への希望を絶やさない為にも、
露衣土だけは倒さなければならない。
そして、露衣土を倒した後、平和になるかどうかは、この
世界全体の問題であり、討伐軍という一勢力、ましてや、
燿炎という個人一人でどうにか出来るものではない。
そして、平和の為にと戦っている限りは、
露衣土と同様な事をする事になるだろう。
燿炎は己の愚かさを思い知る。
「麗羅」
燿炎が麗羅を呼んだ。
「何?」
麗羅が応えた。
「ありがとう」
燿炎が麗羅に礼を言った。
「急に変な事、言わないでよ」
麗羅は何で礼を言われるのか解らずに戸惑いながら言った。
それには構わずに燿炎は麗羅に頼む。
「皆を集めてくれないか」
「解ったわ」
麗羅はそう言うと、その場を離れた。
一人残った燿炎は、再び考え込んだ。
そして、数瞬の後、露衣土城の方角を見上げながら呟く。
「露衣土よ、待っていろよ。お前は俺が倒す」
燿炎の表情には固い決意が込められているようだった。
そして、燿炎は皆が集まる会議場へと歩を進めて行った。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 09:22:08|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾陸/功を焦る司令官 | ホーム | 弐章/英雄/挿話弐拾肆/絶え間無い葛藤の中で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/55-a4156565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。