風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾参/もう一つの壁

実質的に露衣土討伐軍となった反乱軍は、
此処へ来て、足止めを喰らう形となっていた。
一つは様々な事情により、戦力を一本化出来ない事。
更にもう一つ、大きな問題を抱えていた。
これまで、炎の大陸、風の大陸では露衣土の圧政に対する
反発も強く、民衆の多くは露衣土帝国の支配から
解放される事を望み、その望みを反乱軍に託すような
形だったので、大概の場合において、反乱軍は民衆に
歓迎され、民衆は反乱軍に協力的でもあった。
しかし、氷の大陸まで来ると、
さすがにこれまで通りとはいかなくなってきている。
というのも、当然に氷の大陸の民衆にとっては、
露衣土帝国が自分達の誇りにもなっているからである。
世の情勢が逆転したとはいえ、氷の大陸の民衆にとって、
討伐軍は未だ反乱軍であり、侵略者として見ているのだ。
そんな中で、力ずくで進軍でもしようものなら、
それは、露衣土帝国がやってきた事と
なんら変わりが無くなってしまう。
かと言って、露衣土をこのまま放っておいて、
露衣土が黙っているわけでもない。
恐らくは、再び露衣土帝国の戦力を
蓄えさせてしまう事になるであろう。
そして、また、情勢が逆転する事も
無い話ではないのである。
結局、戦争が終わる事無く、より多くの民衆が
犠牲になる事になってしまうのだ。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 09:19:13|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾肆/絶え間無い葛藤の中で | ホーム | 弐章/英雄/挿話弐拾弐/立ちはだかる壁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/53-0ba129da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。