風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾弐/立ちはだかる壁

燿炎達、反乱軍が大地の大陸を復活させ、
塑の国を建ててから十二年が過ぎようとしていた。
その間に反乱軍は各地の抵抗勢力を吸収しながら、
炎の大陸、そして風の大陸を露衣土帝国の支配から解放し、
更に、氷の大陸の約五分の一程の領域まで攻め込んでいた。
この時点ですでに、立場が逆転し、反乱軍は
露衣土討伐軍とでも言うべき存在になっていた。
しかし、此処へ来て、なかなか先へとは
進めなくなってもきていた。
炎の大陸、風の大陸と露衣土帝国の支配から解放する事は
出来たのだが、解放したらしたで今度は、いくつかの
地域で秩序を保てなくなってしまったのだ。
人間とは本当に身勝手な生き物で、露衣土帝国に
支配されている間は、露衣土を恐れてか、
余り派手に暴れる者はいなかったのだが、
反乱軍により、露衣土帝国の支配から解放された途端、
次々と勝手に暴れ回る者達が出て来てしまったのだ。
勿論、次々と言っても全体から考えれば、
一部の者達にしか過ぎない。
しかし、その一部の者達を放っておく事で、
何の罪もない民衆を犠牲にしてしまうのであれば、
平和の為にと戦っている反乱軍、いや討伐軍の、
存在意義を問われかねないのである。
結局、統治者が誰であれ、秩序は守らなければならない。
討伐軍はその為に兵を送らなければならず、
戦力を一本化出来ないでいた。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 09:18:02|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾参/もう一つの壁 | ホーム | 弐章/英雄/挿話弐拾壱/向きが替わった風>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/52-6e755447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。