風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾壱/向きが替わった風

燿炎達反乱軍掃討の報告後、露衣土は各地に残存する
抵抗勢力への威力制圧に、更なる力を注いだが、八ヶ月を
経た現在も未だ、精霊の星全体を制圧するまでには至ず、
それどころか、力で捩じ伏せようとすればする程に、
抵抗勢力が後から後から湧き出て来るように感じていた。
そんな折りに、驚くべき報告が舞い込んで来た。
〈大地の大陸が復活〉
〈燿炎達反乱軍が大地の大陸に新たな国家を建てた〉
大地の大陸が復活した事は俄には信じ難い事であった。
しかし、その事に燿炎が絡んでいるとなると、
話が変わってくる。
しかも、部下の報告によれば、燿炎達は死んだはずである。
その死んだはずの燿炎達が大地の大陸を復活させ、
大地の大陸に新たな国家を建てたのだ。
こうなると、もう、噂などというレベルの話ではない。
抵抗勢力の勢いが衰えない原因も、恐らくは、
『此処』にあるのだろう。
露衣土は思った。
風はもう、自分には吹いていない、と。
しかし、不思議と悔しさは無かった。
むしろ、燿炎が生きていた事が嬉しかったくらいであった。
とはいえ、後に引く訳にもいかない。
「燿炎よ、見事、私を倒してみせよ」
露衣土は覚悟を決めたかのように一人呟いた。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 09:15:36|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾弐/立ちはだかる壁 | ホーム | 弐章/英雄/挿話弐拾/氷の皇帝の孤独な戦争>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/51-596f3500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。