風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弐章/英雄/挿話弐拾/氷の皇帝の孤独な戦争

一人の男が露衣土の部屋へ急いでいる。
前線からの報告の役目を持った男だ。
男は露衣土の部屋に入ると、
清々しい表情で報告をし始める。
「岩堝隊が燿炎達反乱軍を掃討したとの報告が入りました」
「そうか、」
露衣土は表情一つ変えずに、それだけを呟くように応えた。
報告係の男は少し拍子抜けしたが、
そのまま露衣土の部屋を後にする。
「では、失礼致します」
再び、一人になった露衣土は少し考え込んだ後、
ぼそぼそと独り言を始める。
「見てるか、炮炎よ、そして、燿炎よ。
正義の旗は勝った者の下にのみたなびくのだ。
そして、その正義の旗の下にのみ、
平和という魔物を呼び寄せる事が出来る。
後少し、後少しで私が正義であった事を証明出来る。
私に歯向かった事をあの世で悔いるがいい。
そして、私も行こう。平和という魔物を手懐けた後、
お前達の悔しがる顔を私に見せておくれ。
懐かしいな。昔はよくお前達を悔しがらせたもんだ。
正直、私は自分が憎い。平和が憎い。平和という
魔物を手懐ける為に、お前達を殺さねばならなかった事。
だが、それも後少しで終わる。
私は決して英雄になりたかったわけではない。
お前達と同様に、ただ平和を望んでいるにしか過ぎない。
だから、全てが終わったら、また皆で語り明かそうぞ」
露衣土は一人、泣いていた。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/06(日) 05:03:52|
  2. 弐章/英雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話弐拾壱/向きが替わった風 | ホーム | 弐章/英雄/挿話拾玖/地平を踏む巨人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/50-d9c514ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。