風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

間章/在

とある川の底、
「それ」はあった。
何時の頃からか、ただただ、
「それ」はあった。

「それ」は動かない。
「それ」は感じない。
「それ」は思考しない。

時折、何かが、
「それ」にぶつかってきて、
「それ」を少しだけ削り取って行く。

それでも、
「それ」は動かない。
「それ」は感じない。
「それ」は思考しない。
ただただ、そこに存在するのみ。

雨が降ろうが、
風が吹こうが、
時には川の水が干上がろうとも、
ただただ、そこに在った。

春から夏になり、
夏が去り秋が来て、
秋が暮れて冬になり、
冬が明けて春になろうとも、
ただただ、そこに在った。

「それ」は動かない。
「それ」は感じない。
「それ」は思考しない。
ただただ、そこに存在するのみ。

存在する事、
それだけが真実であるかのように。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/04(金) 05:35:47|
  2. 間章/在
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弐章/英雄/挿話壱/精霊の星 | ホーム | 壱章/人斬り/挿話弐拾漆/宿命の男達>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/30-d2548d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。