風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壱章/人斬り/挿話壱/柄じゃない男

時は幕末、此処京都では、
倒幕派の志士達と、新撰組という集団により、
毎日のように血が流されていた。

タッタッタッタッタッタッタッタッ、
ットットットットットットットット、
「嘉兵衛!こっちだ!」
「わかりました。六郎殿」
二人の男共は汗だくになりながら、
必死に何者かから逃げているようだった。
「どけぇい!」
どた~ん!
一人の男が嘉兵衛に押し退けられ、
地面に倒れ込んだ。
六郎と嘉兵衛は、その事を気にも留めず、
そのまま走り去って行く。
そこへ、一人の女子が駆け寄る。
「大丈夫?虎士郎ちゃん?」
「いててて、」
「まったく、名前は強そうなのに、
てんでだらしがないんだから」
女子は、ちょっと笑いながら、そう言った。
「待てー!」
「逃がすなー!」
六郎達が来た方向から、
数人の者共が追いかけて来た。
その者共は皆一様に、浅葱色の羽織を纏っていた。
新撰組の隊士達であった。
新撰組の隊士達は六郎達を追って、
あっという間に走り去って行った。
虎士郎が立ち上がる。
「お園ちゃん、ありがとう」
「どういたしまして。それよりも、さ。
虎士郎ちゃんも一応は、お侍さんなんだから、
もうちょっと、しっかりしなきゃ駄目よ」
「う~ん、僕はどうも、
お侍って柄じゃないようなんだよねぇ」
申し訳なさそうに虎士郎は、そう言った。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/02(水) 12:27:24|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<壱章/人斬り/挿話弐/物騒な男達 | ホーム | 序章/闇の中で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/3-2a26d7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。