風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壱章/人斬り/挿話拾玖/誉める女

残暑の残る日差しの中、
虎士郎はお園と二人で京都の町を歩いていた。
「虎三郎ちゃんが、
三番隊の隊長さんになったんだってねぇ」
お園が言った。
「隊長の斉藤さんが何者かに斬られちゃったから」
虎士郎は何とも言えない表情で応えた。
お園は言葉が見つからず何も言えない。
「それにしても虎三郎はすごいや。僕とは大違いだ」
寂しそうに虎士郎が言う。
「そんな事言わないで、」
今度は虎士郎が言葉に詰まる。
「虎士郎ちゃんの優しいところが、
虎士郎ちゃんのいいところじゃない」
「慰めはいらないよ。
優しくたって何も出来やしないんだ」
虎士郎は俯いて立ち止まってしまった。
「虎士郎ちゃんの馬鹿!
私は慰めてなんかいないわよ!」
お園は立ち止まった虎士郎に体を向け、
少し怒ったように言った。
虎士郎は何も言えず、俯いたまま微動だにしなかった。
「人を斬る事がそんなに偉い事なの?」
虎士郎はまだ何も言えないでいた。
「だったら虎次郎様を斬った人は、
斉藤さんを斬った人は、
そんなに偉い事をしたって言うの?」
「そういうわけじゃないけど、でも、」
虎士郎はそこで言葉に詰まった。
「でも、何!?、
人なんて斬れなくたっていいじゃない」
虎士郎はまた何も言えない。
「子供達と遊んでいる虎士郎ちゃんが、
私は素敵だと思うよ」
「ありがとう」
虎士郎は俯いたまま一言だけ応えた。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/04(金) 05:21:24|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<壱章/人斬り/挿話弐拾/決意する男と決意を必要としない男 | ホーム | 壱章/人斬り/挿話拾捌/相変わらずな男>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gushax2.blog.fc2.com/tb.php/21-0fdb5a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。