風を掬う者(先行版)

人間の愚かさ、そして死をテーマにしたオリジナル小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壱章/人斬り/挿話弐拾漆/宿命の男達

虎士郎は黙ったまま、天竜を睨み続けている。
表情に変化はない。
ただただ睨んでいるのである。
「さて、とっとと終わらしちまうか」
独り言のように天竜が言う。
「抜きな」
続けざまに天竜が虎士郎に声を掛けた。
虎士郎はそう促されてゆっくりと剣を抜いて構えた。
天竜も虎士郎の動きに合わせる様に、
ゆっくりと剣を抜いて構えた。
数瞬の静寂が二人を包み込む。
そして、その静寂が二人を縛り付けようとしたその時、
その静寂を振り払うかの様に天竜が言う。
「例の奴で来な」
ー例の奴ー
隠岐流剣術の必殺剣である【月影】の事である。
虎士郎はすぐさまそれを理解したようだ。
普通ならそう相手から促されると警戒する事もあってか、
なかなか自分からは動きずらかったりもするのだが、
虎士郎は違った。
天竜の言うままにすぐさま【月影】を繰り出した。
一気に間合いが詰まって行く。
虎士郎の剣先が天竜の喉元へと伸びて行く。
しかし、天竜は避けようともしない。
微動だにせずに虎士郎を睨んでいた。
虎士郎の剣先はすぐそこまで来ている。
それでも天竜はまだ微動だにしない。
ついに虎士郎の剣先が天竜の喉元を貫いた。
その瞬間、天竜が動いた。
天竜は物凄い速さで剣を振った。
恐らく普通の人間には捉える事は出来ないであろう速さで。
一瞬にして目の前の虎士郎の胴を
真っ二つにしてのけたのである。
虎士郎の下半身は地面に転がり血溜まりを拡げている。
上半身は天竜の喉元を貫いた剣を握ったまま、
ぶら下がっている状態だった。
胴の切断面から大量の血が垂れて、
その下にも血溜まりを拡げている。
すでに虎士郎は絶命していた。
その表情は天竜に向かって来た時と何の変化も無く、
その目は天竜を睨んだまま、
いや、見詰めたまま、なのかもしれない。
そして、天竜は、というと、
満足げな表情を浮かべながら、虎士郎を睨んで、
いや、優しく見詰めているようだった。
そして、そのまま右斜め前方へと倒れ込んだ。
天竜もまた、すでに絶命していた。
二人は虎士郎の剣で繋がれたまま、
向き合う状態で横に倒れ込んでいた。
天竜はその気になれば、虎士郎に【月影】を
出させずに闘いを進めていく事はできたであろう。
しかし、虎士郎を斬る事が出来なければ、
いつまで経っても決着は着かないのだ。
そして、そうする事で虎士郎がバテるのを待つ事も
出来たのであろうが、それもまた、自分が先に
バテる可能性も考えると、そのような不確定要素に
自らの命を預ける気にはなれなかったのである。
だから、自らの命を盾にしてでも、
虎士郎を斬る事のみに専念したのである。
そして、見事にそれをやってのけたのである。
虎士郎は虎士郎で天竜の剣を避ける事は出来たであろう。
しかし、天竜の剣を避けようとすれば、
繰り出した【月影】を引かなければならなかったであろう。
虎士郎もまた、自分が斬られる事を承知の上で、
天竜を斬りに行ったのである。
まるでお互いがこうなる事を望んでいたか、
のような結末であった。
もしかしたら、二人は二人共、
自分を斬る事の出来る者を求めて、
人を斬り続けていたのかもしれない。
そして、二人は二人共、
その求めるものを同時に手に入れたのではないだろうか。
こうして、向き合って、見つめ合ったまま、
倒れ込んでいる姿を見ると、
恋人同士が見つめ合っているようにも見て取れるのである。
長年、追い求めてきた、愛しき運命の恋人に出会った。
まさに、そんなものを感じさせるような、
二人の姿であった。
そして、二人を繋ぎ留めていたのも、
現在の姿と同じく『剣』であったのである。

此処に、
こうして、
二人の類い稀なる剣士、
いや、
『人斬り』
が、
闇へと還る事になったのである。

           ☆壱章/人斬り☆
                    完
スポンサーサイト
  1. 2016/03/04(金) 05:33:54|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話弐拾陸/待伏せる男と待ち伏せされる男

辺りは闇に包まれていた。
闇と言っても夜空に星は瞬いている。
月は出ていない。
新月なのである。
月明かりがないせいか、
星がいつも以上に輝いて見える。
冷え込みもだいぶ厳しくなりつつあった。
いつもなら蟋蟀等、
虫の鳴き声も聞こえてくるはずなのだが、
今日は何故か静まり返っている。
そんな中、一人の男が歩いて来た。
その男の目には狂気が宿っているようだ。
隠岐虎士郎であった。
先程、目前で実の母を亡くし、そのショックでか、
今までは虎士郎が眠りに就かないと
現れる事のなかったもう一つの人格、
人斬りの人格の状態で夜の京都の町を
獲物を探すように彷徨っているようだ。
すぐそこには大きな桜の木があった。
幹の太さは大の大人四人で手を繋ぎ、
輪になったくらいの太さであろうか。
そして、虎士郎はその桜の木の脇を通り過ぎて、
三間程進んだ所で急に振り返り、
桜の木の幹の根元辺りを睨み付けた。
そこには目が二つあり、同様にこちらを睨んでいる。
よく見てみると、そこには人が居るようだ。
しかし、一見しただけでは、
桜の木の化け物の様に見えるであろう。
まるで、木の幹に目が付いているように感じる程、
桜の木と一体化しているように感じる。
そしてその人の様なものは、異様に大きかった。
人ではないものであっても不思議ではない。
むしろ人であった方が信じられないかもしれない。
そしてその人の様なものは桜の根と根の間に腰を下ろし、
両脚を投げ出して背を幹に預けたまま、
虎士郎を射抜くように見据えている。
虎士郎はその人の様なものの視線に、
動きを封じられてしまっているようだ。
虎士郎から攻撃を仕掛ければ、
圧倒的に有利な体勢であるはずなのに、
それが出来ないでいるのである。
「ふふふ、」
突然、その人の様なものが小さく笑った。
更にいつの間にか、
その人の様なものは立ち上がっていた。
虎士郎にはいつ立ち上がったのか判らなかった。
恐らく虎士郎が、その人の様なものの笑い声に、
気を取られた一瞬の内に立ち上がったのであろう。
これで体勢に有利不利は無くなってしまった。
「今日は待たせてもらったぜ」
その人の様なものが言った。
虎士郎は黙ったまま、その人の様なものを睨んでいる。
「待ち伏せが得意なのはお前さんだけじゃないって事よ」
虎士郎はまだ沈黙している。
「どうだ?待ち伏せされる気分は?」
その人の様なものが虎士郎に訊いた。
虎士郎は答えない。
「なんだかなぁ。面白くねぇ奴だなぁ」
虎士郎は黙ったまま、
その人の様なものを睨み続けている。
「まぁ、いいや。教えといてやるよ。
今夜、お前さんは、
この黒谷天竜に斬られる運命にあるんだぜ」
表情に不敵な笑みを貼り付けたまま、
天竜が虎士郎に言い放った。
  1. 2016/03/04(金) 05:32:48|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話弐拾伍/孤独に呑まれる男

虎士郎は玄関先まで木下先生を見送りに出て、
母の部屋に戻って来ていた。
お園はもう泣き止んでいる。
虎士郎は母の寝ている布団の隣で座し、
黙り込んでしまった。
お園も虎士郎に話し掛けたりもせず黙って、
ただ虎士郎の母を見守っているようだった。
そのまま、どれくらいの時間が過ぎたであろうか。
外はもう日が暮れ始めていた。
沈黙を破り、虎士郎がお園に声を掛ける。
「そろそろ日も暮れるから家にお帰り」
「うん。でも大丈夫?」
「ちょっと母と二人きりにして欲しいんだ」
「あ、そうだよね。ごめんね、気が利かなくて」
「そんな事ないよ。お園ちゃんには今まで、
色々と助けてもらってきたからね」
「ありがとう。
それじゃ今日はそろそろ帰らせてもらうね」
「こちらこそ、いつもありがとう」
虎士郎はお園を見送りに出た。
「また明日来るね」
お園は別れ際にそう言って、家へと帰って行った。
虎士郎は再び母の部屋に戻り、
母の寝ている布団の隣に座し、
母の手を握りながら、じっと母の顔を見つめていた。
虎士郎にとっては、
母だけが唯一心を開ける存在であった。
父や虎太郎からは隠岐家の恥晒しと罵られ続け、
虎次郎や虎三郎にはそこまでされる事はなかったが、
虎太郎も含めた兄達には、
強い劣等感を感じずにはいられなかった。
そんな虎士郎にとって母は、
唯一無二の存在であった。
その母も、今まさに、天へと召されようとしていた。
しかし、実は、
母をここまで追いやった要因の殆どは、
虎士郎自身の所為に因るものなのである。
父の源太郎、そして虎次郎と虎三郎を斬り殺したのは
虎士郎なのであった。
しかし、虎士郎はその事は覚えていない。
虎士郎が眠りに就くと出てくる、
もう一つの人格がやった事なのである。
本人の自覚が無いとはいえ、
なんと哀しい事なのだろうか。
その哀しみには気付くべくもなく、
虎士郎は今まさに、
孤独という化け物に呑み込まれようとしていた。
虎士郎はこれまでもずっと孤独は感じていた。
しかし母の存在が寸前で、
虎士郎を孤独から救っていたのである。
その母も、もうすぐ、天へと召される事となる。
虎士郎は寂しかった。
虎士郎は悲しかった。
しかし涙すら出て来ないのである。
勿論、お園に先に泣かれてしまったので、
自分が泣く機会を逸してしまった事も考えられるが、
それでも尚、母の死を目前にしながら、
泣く事すら出来ない自分自身が、
どうしても許す事が出来なかった。
ふと、急に、母の寝息が聞こえなくなった。
虎士郎は母の胸に耳を当てた。
何も聞こえない。
突然、虎士郎の中で何かが変わった。
虎士郎は気を失った。
いや、もう一つの人格に意識を奪われた。
とうとう虎士郎は、
孤独という化け物に呑み込まれてしまったのである。
  1. 2016/03/04(金) 05:30:23|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話弐拾肆/命尽きようとしている女

虎士郎は隠岐家の実家に戻って来ていた。
いつもなら道場の方からの門下生達の掛け声で、
うるさいくらいだったが、
先日何者かに此処の道場で、
虎太郎が斬られていたので、
今はもう門下生達も通わなくなって、
静まり返っている。
そんな中、虎士郎は母の部屋に来て、
母の看病をしていた。
母は息子達に次々と先立たれる事になり、
心労が重なり、病床に伏せてしまったのである。
二日前に行われた虎太郎の葬儀にも、
出席出来ない程に衰弱しきっていた。
そして今はもう、母のその顔には、
死相が色濃く浮き出ているようだった。
虎士郎はそんな母親を付きっきりで看病していた。
すると、誰かが廊下を急ぐような足音が聞こえた。
「虎士郎ちゃ~ん」
いきなり部屋の廊下側の襖が開かれた。
「木下先生が来てくれたわよ」
言いながら、お園が部屋に飛び込んで来た。
木下先生はこの辺りの住人が、
よく診てもらっているお医者様の先生である。
大変評判も良く皆の信頼も厚かった。
お園は木下先生を呼びに行っていたのである。
「様子はどう?」
お園が虎士郎に声を掛けた。
虎士郎は無言のまま、首を横に振った。
「そっかぁ、でも大丈夫だわよ。
木下先生がいらっしゃってくれたから」
慰めるようにお園が言った。
幾らもしないうちに、
木下先生もこの部屋にやって来た。
「その後、どんな感じですか?」
木下先生が虎士郎の母の手を取りながら、
虎士郎に訊いた。
「あれ以来、ずっと目を覚ましません」
虎士郎は俯きながら答えた。
「という事は、食事も全然摂れていないのかな」
「はい」
「う~む、」
木下先生は暫くの間、考え込んでいた。
虎士郎もお園も何も言えないでいる。
その沈黙を破り、木下先生が話し始めた。
「大変申し上げ難いのですが、」
「はい」
虎士郎が応える。
「隠岐様のお母様はもう、手の施しようがない、」
「そうですか」
「少なくとも、私にはどうする事も出来ません」
突然、お園が泣き出した。
再び沈黙がこの部屋を包み込み、
お園の泣き声だけが響いている。
そして今度は虎士郎が沈黙を破り、
「木下先生。わざわざお越し頂き、
本当にありがとうございました」
と深々と頭を下げた。
「いや、こちらこそ、何も出来ずに済まないね」
「そんな事はありません。
木下先生は立派なお医者様です」
「ありがとう。それはともかく、お母様はもう、
いつ死んでもおかしくありません」
虎士郎は言葉に詰まる。
「虎士郎さんは出来るだけ、
付き添っていてあげてください」
「はい」
「それでは私はこれで失礼させてもらうよ」
この言葉を最後に、
木下先生は隠岐家の実家を後にする。
  1. 2016/03/04(金) 05:28:55|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱章/人斬り/挿話弐拾参/甘い男と不安を拭えなかった男

静寂に包まれた闇の中で、
二人の男が対峙していた。
一人は黒谷天竜。
もう一人は隠岐虎太郎であった。
そして、先にその静寂を切り裂いたのは、
虎太郎だった。
「先手必勝!」
叫びながら天竜へと斬り掛かって行った。
天竜はなんなく虎太郎の剣を受ける。
虎太郎は次々と剣を振って来る。
天竜は防戦一方である。
「どうした!?天竜?」
虎太郎が天竜に声を掛けた。
「どうもしねぇよ。楽しいねぇ」
天竜が虎太郎の剣を受けながら応えた。
その表情にはうっすらと、
笑みが浮かんでいるようにも見えた。
「そうか。では、これでも楽しんでいられるかな」
虎太郎の剣がいっそう激しさを増した。
天竜は余裕を持って、
虎太郎の剣を受けているように見えた。
が、その時、一瞬天竜が体勢を崩した。
天竜はすぐさま体勢を立て直したが、
「隙あり!」
の掛け声と共に虎太郎の剣が、
天竜の喉元へと伸びて来ていた。
天竜は必死に左後方へと体を逃したが、
虎太郎の剣は信じられない速さで、
天竜を追って来る。
今度は右後方へと体を逃した。
しかし、幾らもしないうちに、
壁にぶち当たってしまった。
虎太郎の剣はすぐそこまで迫って来ていた。
「むぅ」
天竜が呻く。
途端、再び闇は静寂に包まれた。
虎太郎の剣は天竜の喉の皮を一枚程切り裂いて、
止まっていた。
二人はその体勢のまま微動だにしないでいた。
数瞬の静寂を破り虎太郎が天竜に声を掛ける。
「どうやら私の勝ちのようだな」
すると天竜は、
「甘いな」
と呟くように言いながら、
目の前の虎太郎の胴体を真っ二つにした。
虎太郎の下半身は意思を失い倒れ込み、
上半身は床に投げ出された。
床には血溜まりが拡がっていく。
「卑怯者、」
虎太郎は最後にそう言い残して、
口から血の泡を吹きながら絶命した。
天竜は外に出て、徐に自らの腕を切った。
切ったと言っても切り落としたわけではない。
天竜はいつも人を斬った後に、
こうして自傷をするのであった。
そして、体中にある自傷による傷は、
すでに百五十を超えていた。
いつもなら自傷をする事で、
人を斬った事による興奮のようなものが、
抑えられていたのだが、
今日は何かがおかしかった。
何故だか腹立たしい自分がいるのである。
理由は天竜なりには理解は出来ている。
隠岐流の必殺剣を見切る事が出来なかったから。
天竜はそう理解するしかなかった。
虎太郎との闘いは、決して本気ではなかった。
いや、本気ではあったが、
隠岐流の必殺剣を出させる為に、
わざと受けに回ったのである。
しかし、それでも尚、隠岐流の必殺剣は、
見切る事が出来なかった。
天竜は虎士郎に対して、
負ける気はしていなかったが、
斬れる自信も無かったのである。
「くそっ!」
天竜は一人、闇の中で、
内なる闇に向かって吠えた。
  1. 2016/03/04(金) 05:27:42|
  2. 壱章/人斬り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

菊千代

Author:菊千代
きくちよと申します。

最新記事

カテゴリ

詞/ことば (1)
序章/闇の中で (1)
壱章/人斬り (27)
間章/在 (1)
弐章/英雄 (35)
間章/無 (1)
参章/死望者 (4)
終章/光の彼方へ (1)
後書き (1)
お知らせ (1)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ご協力サイト様


リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ

Tails exit the Base

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。